女の人

講座をきちんと聞けばきっと夢は叶う|社会保険労務士を獲得

社会で役に立つ力をつける

ウーマン

大学入試で小論文をよく見かけるようになりました。小論文を上手に書くポイントは文章を客観的に評価して改善してということです。そのためにも書いた人以外の人の添削は、成長するうえでとても大切な過程になります。

もっと詳しく

調剤薬局で事務の仕事

女性

調剤事務の資格は、高齢化社会が進んで患者増加に伴いますます需要のある資格です。資格取得を目指すのであれば通信講座が効率がよいです。試験の範囲も医療事務の試験程範囲は広くありませんので、短期間で取得できます。

もっと詳しく

会計の重要性と需要

文房具

公認会計士とは、企業のお金を計算して、円滑な経営に導くお仕事です。公認会計士の試験はとても難しくて、合格者もあまり多くありません。しかし、その難しい試験をしっかり勉強して合格すれば未来の選択肢が増えるのです。

もっと詳しく

資格取得のための勉強法

勉強

日商簿記は毎回多くの人が受験する人気資格の1つです。特に簿記2級以上を取得していると就職や転職に有利となるため、そのために資格取得を目指すという人も少なくありません。日商簿記1級は難易度が最も高く、大学程度の簿記の知識が必要となります。日商簿記1級に合格すると公認会計士試験の資格が与えられるので、会計士を目指す人もたくさん受験します。日商簿記1級に合格するための勉強法としては独学よりも資格予備校や通信講座を利用する方がより確実に短期間で合格が可能となります。独学でも合格可能ですが、合格率が10%程度と難関なため理解が浅い箇所があると合格が遠のきます。その点、資格予備校や通信講座であれば質問できる体制が整っているため理解を深めることができます。

日商簿記1級は試験科目が多いため、各科目をまんべんなく勉強する必要があります。そのため2級までと比べ、勉強の準備期間が長く必要となるためモチベーションを保つことが重要です。特に独学であれば自分で勉強のペースを管理する必要があるため、強い意志が必要です。日商簿記1級では満点を目指して何度も受験している人も多いため実質合格率は10%以下です。その中で合格するためには苦手分野を無くすことが先決であり、そのためには独学よりも資格予備校や通信講座などを利用する方法が得策となります。資格予備校であれば勉強するための自習室も完備されており、家の中では騒がしくて勉強できないという人も安心ですし、わからないところをすぐに質問できます。またいまは日商簿記ならず、社会保険労務士や会計士など様々な資格が通信講座にて取得が可能になりつつあります。通信講座では要点が分かりやすくまとめられているオリジナルテキストがあるので、独学よりも効率良く社会保険労務士や日商簿記の勉強を進めることが出来ます。最近では、インターネットを通じてのオンライン講義を展開する通信講座もあります。